logo.png

m1_a.pngm1_a.pngm2_a.pngm2_a.pngm3_b.pngm4_a.pngm4_a.pngm11_a.pngm11_a.png

005.jpg

a_3_a.png

デルソーレは、イタリアの食文化、イタリアの人たちと出会い、パッシオーネを共有し、共感し、バールという・・・イタリア食シーンの代表的存在であり、最も多くの人に親しまれ、最も多くの人たちが生活のリズムの中に取り入れている業態を日本とイタリアが共通するマインドがある・・・食・もの・人に対するこだわり、品質や技術を大切にし、伝統を大切にする・・・ことに気づく中で、日本で展開し、日本とイタリアの架け橋となろうと思い、バールを創っていく決意です。

a_3_b.png

一、Bar
  バーと書いて、イタリアでは「バール」と読む

二、Barista
  バールで働く人なので「バリスタ」と言う

三、Barista
  カフェのスペシャリストで、ソムリエやバーテンダーの役割も担う

四、Banco
  銀行のカウンターが語源で ~足をかけるバー~バンコ・・・カウンターのこと

五、Banco
  イタリアでは、バンコで(安く)立ち飲み、立ち食いをします

六、Banco
  ここが「止まり木」であり、コミュニケーションの場(街のコミュニティ)である

七、Caffé
  朝:カプチーノやカフェ・マッキャート
  ~昼食後や午後の一息は「エスプレッソ」
  ~食後は基本、「エスプレッソ」なのである

八、Espresso
  バールでバリスタが淹れる「イタリアが生んだ一杯の世界遺産」

九、Espresso
  凝縮された深い味わいやアロマ、余韻で和らぎ~食後の胃腸を整えるコーヒー

十、Banco
  17時~イタリア式のハッピーアワーはバンコで、1杯のドリンクで、フリーフードサービスである

a_3_c.png

バリスタに求められるものの第一は、安定した高いクオリティのカフェの抽出技術。
第二はバールの看板としてお客様を楽しませる接客、サービス能力、さらにワインやカクテル、グラッパ他商品全般の知識です。
優秀なバリスタはこれらの要素を持ち合わせたプロフェッショナルなのです。
そして、その存在は、バンコの空気観・世界観を創りあげられる・・・バールの太陽なのです。

a_3_d.png

イタリアでも本格的なエスプレッソを家庭で飲むことは出来ないと言われています。
ですからイタリア人も本格的なエスプレッソを求めバールに足を運びます。
本格的なエスプレッソとは、4つの“M”の調和と融合とされています。
そして4つの“M”のうち・・・“Mano”(熟練した技術者)・・・こそが最も重要な“M”であり、『バリスタ』のことなのです。

Mistura
豆の配合・混合
新鮮(管理・保存も重要)でおいしい豆

Macinino
豆の挽き方
細かいカッティングが出来るプロ用ミル・細かい挽き方

Macchina(マシン)
90℃、9気圧で20~30秒でエスプレッソ抽出するプロ用マシン

Mano(技術者)
豆の挽き方。一定したタンピング(挽いた粉を抑える手の力加減)。
抽出・商品温度の見極め。出来上がり状態の見極め。
天候・気温・諸条件を判断しマシンを使いこなすプロフェッショナル。

a_3_e.png

フレンチのコックとして職人人生をスタート。いち早く手掛け、イタリア修行を経てジェラート界の第一人者となり、イタリア修行を経てバリスタ界の第一人者となりました。誰よりもイタリアを愛し、イタリアの食文化を愛し、マインド・技術を伝え広めることを使命とし、フォルトゥーナを設立し、『デルソーレ』ブランドを展開しています。


横山千尋 経歴
1983年 大阪あべの辻調理師専門学校卒業。卒業後フランス リオンのビストロにて修行
1984年 イタリア ミラノ、東京にてジェラート修行
1985年 ジェラートショップ 『ネーべ・デラ・ルーナ神戸店』オープン。
      イタリアジェラート協会、日本初の認定店
      1985・86・87年 エキシポ・イン・ミラノ(アイスクリーム世界大会)にて
      3年連続金賞を受賞
1983年 池袋西武百貨店B1に『ネーべ・デラ・ルーナ』オープン
1994年 ミラノのバールにてバリスタ修行
1996年 東京 初台にバール『ドルチェ・ヴィータ』をオープン
2000年 TKフーズ㈱の親会社、㈱FMI コンサルティング室に配属
      セミナー・講演会・メニュー開発・商品開発などコンサルティングを手掛ける
2001年 5月 フジTV主催『イタリア祭り』in有明ビックサイト出店、講演
      6月 株式会社フォルトゥーナ設立。専務取締役就任 
2002年 第1回 日本バリスタチャンピオンシップ優勝
      世界バリスタチャンピオンシップ出場-参加28ヵ国中9位
2004年 第3回 日本バリスタチャンピオンシップ優勝
      世界バリスタチャンピオンシップ出場-参加40ヵ国中10位
      ラテ アート世界競技会(シンガポール開催)-2位 
2006年 IIAC(国際カフェテイスティング協会)会長と共に、 東京・大阪にて
      国際基準のカフェセミナー開催
      『BARISTA BOOK~トップバリスタのすべて』出版(旭屋出版)
2009年 『ITALIA BAR』出版(旭屋出版)

一年の多くを日本各地で過ごし、イタリア展などを通じ広め、様々なセミナーの講師を務めると共に、自らの技と巧みに磨きをかけるべく“学ぶ”をし続けています。

a_1_0.pnga_1_0.png

a_2_0.pnga_2_0.png

a_3_0.pnga_3_0.png